Welcome, Twitter visitor! If you enjoy this post, don't hesitate to retweet!

猫の体には見えないノミがくっついているかもしれません。外に出ていた猫は色々なところを歩き回りノミを体にくっつけてきてしまいます。そのまま家の中に入られてしまうと非常に危険です。猫を飼っている家庭はノミ対策について常に細心の注意を払っておかないといけません。

ノミは成長のサイクルが非常に早く、一回に50個程度の卵を産みます。そして成長して次の卵が植えつけられるまでが大体3週間から4週間といわれています。半年も経てばその数は数万にも達してしまい、家の中が見えないノミだらけということにもなります。ノミ予防を行っておくことが増殖を予防することになりますので、猫を飼っている家庭ではできるだけノミが猫の体に付かないようにすることと、ノミが入り込んでも駆除できるようにするということが大事になります。

猫をよく観察してみるとノミが体にいるかどうかを見分けることができる場合があります。体を頻繁に掻いているようなときにはノミの危険性を考えてみましょう。ノミによるアレルギー皮膚炎は猫に大きな負担を与えてしまい完治にはかなりの時間を必要とするケースもあります。大切なペットが苦しむ姿を見たくないといった人はノミ予防に力を入れてみてください。